‘命の意味’ カテゴリーのアーカイブ

ナムコ 北大西洋海産哺乳動物委員会

2019 年 2 月 11 日 月曜日

日本は、IWCを脱退したが、捕鯨国4か国で構成するナムコ、北大西洋海産哺乳動物委員会と提携する。

これはいいことだ。資源管理を科学的に推進するためには、孤立はいけない。

クジラを食べない、牛肉を食べる白人国家が、クジラを食べる有色人種国家を攻撃するのは、政治的、利権をむさぼる環境テロ団体の仕掛けである。

少子高齢化 問題なし

2019 年 2 月 9 日 土曜日

少子高齢化に関する発言で、高齢化が悪いわけではない、少子化、生まないのが悪い、という言葉が非難を浴びている。

高齢化が悪い、よいはともかくとして、人類は、寿命100年、200年に向かっている。

そのうち、パワースーツや、頭脳活性化で、100年後には、実現する可能性がある。

少子化は、先進国では、どうしても、そうなる。どの国でも、年間所得が1万ドルを超えると、女性が生む子供数が減っていくのである。

これも、いい、悪いではない。産みたい人が産めばいいのである。社会としては、いかに、産みたい人を助けるかである。

少子高齢化で、年金破綻、医療保険破綻、人手不足が深刻化すると懸念する人たちがいるが、まったく問題がない。少子高齢化は、10年後のデータが予測できるのである。

データが予測できることには対応できる。日本の官僚は優秀なので、まったく、問題がない。

あえて、心配すれば、問題がないのに、問題にして、何か別の政策を打ち出すときである。

世界 活躍 若者

2019 年 1 月 28 日 月曜日

日本人が、スポーツで世界で、活躍している。

大坂なおみ、が、プロテニスで、世界ランクNo.1 である。

野球では、大谷、ゴルフでは、松山である。

英才教育の成果である。親の世代が、裕福になったので、小さいころから英才教育をしている家庭が増えた。すそ野がひろがったのである。

体格もよくなった。180cmが珍しくない。

栄養がよくなったのだろうか? 部屋の温度が上がったせいだろうか?

それとも、遺伝子レベルで進化しているのだろうか?

日本国紀 副読本

2019 年 1 月 5 日 土曜日

 

「日本国紀 副読本」の画像検索結果

出ました。読みました。日本国紀の裏テーマがよくわかります。

犬のお伊勢参り

2019 年 1 月 4 日 金曜日

江戸時代、すでに、平和だったのでツアーブームがやってきた。

お伊勢参りである。

一生に一度は、お伊勢参りをしたい、できるようになったのである。

運悪く、年老いて、体がとても、旅ができないというときは、飼い犬に路銀を持たせて、送り出した。

いたるところに、お伊勢参りにいく人々がいたので、なにかと、お伊勢参りの犬も一緒にいったのである。

宿では、首に付けた、路銀から餌代をとって、エサももらえたのである。場合によっては、これはえらい犬だということで、路銀を足してくれた。路銀が重くなると、銅銭を銀匁に代えて、軽くしてやった。

お伊勢さんも、ちゃんと、御札を、犬にくくりつけてやった。

帰ってきた犬は、旅先で、丁重に扱われて、たくさん、食べさせてもらえるので、飼い主のところに、帰ってきたときは、肥えて帰ってきたということだ。

日本は安全で、心暖かい、信心深い、人々の国であった。

お正月 おめでとう

2019 年 1 月 1 日 火曜日

新年、あけましておめでとうございます。

お正月、3日間ぐらいは、何があっても、おめでとう、という習慣です。

これは、おめでたい、ということで、運気を高めているわけです。

宮中言葉で、「終わる」とは言わず、「お開き」というのは、縁起の悪い言葉をことさら、言わないようにしているからですが、宮中では、年中、運気を高めることが、日本の運気を高めることになるからです。

一般的には、お正月の3日間は、その年の運気、を高めるために、おめでとう、と言い合うことになったようです。

最後に、もう一度、おめでとうございます。

 

21世紀最大の民族浄化事件

2018 年 12 月 30 日 日曜日

現在進行形で、ナチスの強制収容所の民族浄化作戦と同じことが、中国、ウイグル自治区で行われている。

やっと、地上波のテレビでも、その実態が放映されるようになった。アメリカのペンス副大統領が、名指しで非難声明をしたせいだろうか? その反対に、中国経済だのみの欧州は言わなくなった。

世界ウイグル人会議元議長のラビア・カーディルさんによると、500万から700万人のウイグル人が、職業訓練センターという名の、強制収容所に送られ、毎日、拷問、虐待、虐殺を受けている。中には、若者十数人が、薬物で眠らされ、臓器を摘出されている。臓器売買の証拠写真は、すでに、BBCにより世界に報道されている。

中国は、かつて、満州人の文化、言葉を消滅させた前科がある。いま、チベット、ウイグル、モンゴルである。

そもそも、55の少数民族というが、他民族の他国を侵略して、そこの民族を少数民族というのである。

彼らは、日本にも、触手を伸ばしている。とりあえず、沖縄を狙っているのである。沖縄族、琉球族、大和族というのだろうか?

 

 

天皇誕生日 

2018 年 12 月 23 日 日曜日

まことに、おめでたい日でございます。

平成30年、最後の一般参賀に、多くの国民が、お祝いに参上していることでしょう。

この日に、昭和、平成を振り返りたい。

昭和は、なんといっても、大東亜戦争である。白人支配のアジア植民地解放の狼煙となった。日本は敗戦で、がれきとなったが、戦後、新幹線で象徴されるように、高度大成長を遂げた。

平成は、戦争こそ、なかったが、地下鉄サリン事件、福島原発事故という未曽有の大惨事があった。12月23日は、毎年、天皇陛下は、この日は、東条英機が処刑された日であることを、かみしめている。連合軍の恨み、おそるべし。

暖冬と景気

2018 年 12 月 20 日 木曜日

いまの冬は暖冬である。たしかに暖かい。

気象予報士によると、西と東は暖冬で、北は例年並みだそうだ。

暖冬だと、暖房着や暖房器具を買わないので、消費は落ち込む。

暖かいことはいいことなのだが、来年の3月ぐらいは、かなりの景気が落ち込む。

景気が落ち込むと、選挙の影響も考えて、消費税増税は凍結、場合によっては、消費減税もありうる。

これは、日本経済にとって、いいことだ。社会保障費の対策は、別の切り口を探すことになるだろう。

ウイグル アメリカメディア

2018 年 12 月 13 日 木曜日

フェイクニュースのアメリカメディアでさえも、中国のウイグル弾圧を報道し始めた。

人権侵害には、右も左もないのである。

中国は、ウイグルで、(彼らは、自分たちの国のことを、東トルキスタンという。)

人権侵害、宗教弾圧、臓器売買をしている。

モスクにいったというだけで、再教育施設(強制収容所)に入れられる。100万人から300万人がいれられているという。

数百のモスクが破壊された。収容所では、棄教を迫られ、豚肉を食わせられる。

ドナー登録をさせられて、臓器移植の依頼が来ると、適合するウイグル人は死刑囚として処刑され、臓器摘出される。

これは、現在、行われている最大の人権弾圧ではなかろうか?