‘命の意味’ カテゴリーのアーカイブ

人はパンのみにて生きるにあらず

2018 年 8 月 20 日 月曜日

一般的には、人は物欲だけではなく、精神的なものも必要だという文脈で使われているが、

これは、聖書の一節であるが、プロテスタントの解釈によれば、

ひたすら、神を信じていれば、砂漠で、食べるものがなくても、神は天からナン(パン)のような食べ物を降ってくださるから、飢えることない。

そのためには、ひたすら、神を信仰しなさい。信仰とは、行動が伴うもので、信仰、即、行動である。

ルターに始まる、プロテスタントの始まりである。

大東亜戦争 歴史的転換

2018 年 8 月 18 日 土曜日

戦後、太平洋戦争という名が広まった。

日本は、アメリカに真珠湾攻撃をはじめとして、太平洋で、アメリカと戦ったので、アメリカ政府は太平洋戦争と呼んだ。

日本は、アメリカが、経済制裁をして、世界市場から締め出してきたので、致し方なく、アジアで人種差別がない、大東亜共栄圏を作ろうとした。インド、タイ、フィリピン、ヴェトナム、ミャンマー、インドネシアなど、イギリス、アメリカ、オランダ、フランスに植民地され、搾取された人たちを独立させ、人類史上、初めて、人種差別をなくす、国際関係を作ろうとしたのである。

これは、歴史的大転換である。大東亜戦争後、目覚めたアジア各国は、独立戦争を始める。

NHK ウイグル人権問題

2018 年 8 月 5 日 日曜日

NHKが、少し、変わってきた。 ウイグル人権問題を取り上げたのだ。

チベットやウイグルの民族浄化が行われている現実をなぜか、スルーしてきたが、NHK内部の人事異動があったようだ。

チャイナに異様に配慮していた左派系役員が飛ばされた。

しばらくは、様子見である。

死刑廃止 ドイツ

2018 年 8 月 2 日 木曜日

欧州は、死刑廃止国が多い。

裁判を信じていないのだろう。 なにせ、魔女狩りや異端裁判の歴史がある。

イエスも裁判で死刑になったし、ガリレオも、地球が回ると言ったら死刑だといわれた。

いまの、ドイツは、死刑廃止だが、現場での、犯人射殺人数は、日本の死刑執行人数より多い。

日本人 宗教

2018 年 7 月 31 日 火曜日

日本人は、お正月には神社にも行くし、お寺に墓参りに行くし、クリスマスにはケーキを食べる。

これは、外国人からすると無宗教に見えても致しかたない。

宗教が、何を信じて、行動を規範するものとすると、日本人は「先祖崇拝」である。

もともとの、民族の始祖は、天照大御神であり、その子孫が大和朝廷をひらき、日本を建国した。

この、ご先祖様に、日本は守られているのである。それを信じていない日本人はいない。

移民 国境

2018 年 7 月 10 日 火曜日

テレビで、移民と国境について、21人の若者が討論していた。

移民は受け入れるべきか?

議論している若者自身が、移民の2世、3世であったりする。

アメリカ、欧州は、移民が多い。

トランプでさえ、移民がいけないとは言っていない。犯罪者の移民、入国を禁止すると言っているだけだ。

論点は、文化、経済、受入数の問題であった。

アメリカはそもそも、移民の国である。欧州も、かつての植民地からの移民である。

フランスは、同化を求める。フランス語を話すことだ。

地下鉄サリン事件 死刑

2018 年 7 月 9 日 月曜日

地下鉄サリン事件の犯人たちが処刑された。

多数の犯行であったため、犯人全員の判決が確定してからの、死刑執行となった。

遺族、被害者の気持ちとしては、やっと、死刑になって、ほっとした気持ちだろう。

さすがに、国内から異論がでることはないが、死刑を廃止している欧州からは、死刑執行に非難をしている。

治安が悪い、欧州から非難されることはない。昨今のテロ事件では、犯人は大抵、全員、射殺される。 しっかり逮捕して、裁判、死刑という手順を踏めないほど、事件が凶悪化しているのである。

拉致 身代金

2018 年 6 月 1 日 金曜日

拉致被害者がかえってくる。

トランプ大統領の圧力で、7割ぐらいは返すだろう。

相当な身代金を要求する。多分、1兆円ぐらいだろう。

とんでもない話であるが、それぐらいはくれてやれという人もいる。

本来、謝罪と賠償金を北が払わなければいけない。

生命の寿命

2018 年 5 月 6 日 日曜日

それは、12億年前から始まった。

それまでは、生物は、自分の個体が古くなると、まったく、同じ、単体を複製していた。

その中で、一部の個体は、オスとメスに分かれて、それぞれの遺伝子を半分づつ、受け継ぐ、新たな単体を作り出すものが出てきた。

寿命はここから始まった。新しい単体は、厳しい環境に適応できるが、昔の単体ではない。

昔の単体は、寿命が尽きて死んでいくのである。

結局、同じ単体をつくる生物より、オスとメスに分かれて新たな単体をつくる生物のほうが、環境に適応できて、進化を遂げてきた。

米朝平和条約 ノーベル平和賞

2018 年 5 月 1 日 火曜日

もし、米朝平和条約が締結されれば、ノーベル平和賞級の偉業である。

トランプ大統領は、当然、授与されるだろう。 さて、金ジョンウンはどうか?

条約なので、授与される可能性もあるが、なにしろ、テロ国家である。

最近も、マレーシアで、暗殺事件を起こした。

日本から女子中学生を拉致した事件も解決していない。

これで、平和賞ではないだろう。逆に、拉致被害者を全員、速やかに帰還させ、死亡者の全貌もあきらかにして、遺族に謝罪すれば、もしかしたら、授与される可能性もある。